【住民との交流 その2】

その1はこちら(別ウィンドウで開きます)

【住民との交流 その1】


<村の住民たちに手紙を出そう>

 びんせんを入手したら、住民たちに手紙を送ってみよう。
住民が喜ぶような手紙を書けば、1~2日後に返事が届き、より親密度を高めることができる。

なお、住民たちはもらった手紙を見せびらかすことがあるので、
手紙を送った相手が他の村に引っ越すと、そこでも手紙を見せびらかす。
恥ずかしいことや、プライベートなことは、書かない方が良いかも。

書いた手紙にアイテムをスライドさせれば、プレゼント付きの手紙にできる。


〇手紙の出し方〇

・びんせんを選んで、「てがみをかく」を選択。
宛先を決めて本文を書こう。

・気持ちを込めてしっかり文章を書けば、相手に伝わるはず!

・あとは商店街にある郵便局から手紙を出せばOK。
返事が来るのを楽しみにしよう。


☆住民たちが喜ぶ手紙のポイント☆



1、たくさん気持ちを伝える

 手紙に書けるメッセージは最大96文字。
できるだけ多くの文字で気持ちを伝えよう。
また、「、」「。」「!」「?」「スペース」「改行」を利用して読みやすい文章を書けば、
相手も喜んでくれるはず。


2、キーワードを盛り込む


 文字量が多い方が喜ぶからと言って、「あああああ」といった無意味な手紙ではダメ。
ちゃんと自分の気持ちやあいさつ、相手の名前など、言葉にして意味の通る文章にしよう。
きっと相手にも伝わるはず。


3、プレゼントを付ける


 手紙にフルーツや家具を付ければ、住民たちも喜んでくれる。
親密度が高く、手紙に満足してくれれば、相手からもプレゼント付きの返事が返ってきやすい。
もちろん、ゴミなどを送り付けるのは厳禁!


4、記念日に出す

 住民たちはいつだって手紙を待っているが、引っ越し直後や誕生日、クリスマスから年末年始の
”記念日”は特別。お祝いの言葉をしっかり書いて送ってみよう。
もちろん、プレゼントを付ければ効果絶大!


<小ネタ:手紙は緊急の道具入れ!?>


 持ち物画面の手紙アイコンをタッチすると、住民などからもらった手紙が最大10通表示される。
持ち物欄からアイテムを移動させれば、この手紙にしまうことも可能。

つまり、これを利用すれば、手持ちがいっぱいになってしまったときに、
一時的なアイテム保管場所として使うことができる。
 

<こんな行動は嫌われる原因!>

 いつも陽気な住民たちだが、いじわるや嫌がらせをすれば機嫌を損ねるのは当たり前。
仲良くなるどころか、親密度が下がってしまうこともある。いたずらも程々に。

 また、家に行く約束をしているのにも関わらず、すっぽかすのも当然マナー違反。
自分がされて嫌なことは相手にもしないように!


☆しつこく押す☆

 狭い道などでしつこく押し続けていると、嫌がられてしまう。
そのまま落とし穴に落とすのもNG。


☆たたく☆


 あみやピコピコハンマーを使って何度も叩くと怒ってしまう。


☆むしくいフルーツを食べさせる☆


 おいしいフルーツの木を何度も収穫していると枯れ、その時にむしくいフルーツが手に入る。
これを食べさせると一気に不機嫌に。


<おくすりを持ってお見舞いをしよう>

 村の住民の家を訪ねていると、たまに体調を崩して家に引きこもっている住民がいることがある。
そんなときには、まめつぶのお店(コンビニ以降)で売っている「おくすり」を買って届けてあげよう。

感知するまで毎日おくすりを渡せば、お礼として家具などをもらうことができる。
もちろん、住民との親密度もUPするはず!

風邪をひいている住民はブルブルを震えているので、分かりやすい。



<引っ越しをする住民を引き留めよう>


 ほかの村からやってきたり、自分の村から出て行ったりと、住民はよく引っ越しをする。
引っ越しの話をされたとき、引っ越してほしくなければ、その場で「行かないで」と伝えよう。
引っ越しを思いとどませることができる。

 なお、住民との会話を怠って、引っ越し当日になると、引き留められないので注意。
ちなみに、引っ越しに対して即OKサインを出すと、逆に思いとどまることもある。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

【住民との交流 その2】

END